イタリアで過ごす日々


イタリア・ミラノで夫、息子、フレンチブルドッグ♂と暮らしています。(現在育児奮闘中)
by myartrish
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ティラミス②




昨日は結婚記念日ということで
本当は主人オススメのお店に食事に行くつもりだったのですが、
数日前の外食後、激しい腹痛に襲われ深夜に起きてしまった私(涙)
現在外食に非常に抵抗があるため、急遽予定変更で自宅祝いに(涙)

がひどかったのでちょうどよかったかな。
そのお店には今度また近いうちに行ってみたいです。

f0193307_20294127.jpg


イタリアでの初めての記念日は
イタリアンドルチェの王道(?)
ティラミスを作ることに。





今回はクックパッドの『本格☆極上ティラミス』を参考に。
すごく美味しかったので写真付きでココにも載せてみます。










f0193307_19224445.jpg

まずは下準備
エスプレッソを100cc程用意。
(インスタントコーヒーでも)
リキュールが無かったので、
砂糖とブランデーをプラス。



f0193307_1926159.jpg

次にスポンジを焼きます。
オーブンは180℃に余熱。

卵2個を軽く泡立てます。




f0193307_19263680.jpg

グラニュー糖を40g加え
もったりするまで高速で。
最後低速でキメを整えます。

薄力粉30gをふるい入れ
切りまぜたら生地は完成。


f0193307_19271445.jpg

天板に流し入れて軽くならし
12分〜13分ほど焼きます。






f0193307_19274784.jpg

容器にスポンジを敷き詰め
作ったコーヒーシロップを
まんべんなくうっておきます。







f0193307_19282495.jpg
ココからチーズクリーム作り。
ボール等の準備はおそらく

大= 卵黄、グラニュー糖
中= 生クリーム
小= 卵白、グラニュー糖一部
鍋= グラニュー糖の残り↑と水

これで始めるとやり易いはず。


f0193307_1928434.jpg

(ミキサーの羽が1組の場合)
生クリーム泡立て→羽を洗う。
メレンゲ→卵黄の順がお薦め。

小鍋はメレンゲが出来たら
洗わずにそのまま使って
白ワイン20ccのアルコールを飛ばすと洗い物が楽です。

大ボールに写真の手前から順に材料を加えて混ぜて行きます。
(マスカルポーネ→生クリーム→イタリアンメレンゲ)

f0193307_19315447.jpg



チーズクリームの完成
(このままでもかなり美味しい)





f0193307_19322386.jpg

スポンジを敷いた先ほどの容器に流し入れ、軽く平らにならします。
そして、



f0193307_19325423.jpg


ココアをふって完成☆
5時間くらいは冷蔵庫で冷やした方が美味しいそうです。
冷蔵庫の匂いが付くのが恐ろしかったので
(我が家の冷蔵庫にはキムチさんが寝てたりしますので 汗)
アルミホイルラップ厚手の袋と、3重に包んで冷やしました。


甘いものがあまり得意でない主人も
2皿ほどバクバク食べてくれてとても嬉しかったです。
(さすがにあと半分残ってますが、すぐになくなりそうです)


以前イタリア人女性に頂いたティラミスは、スポンジではなく、
ビスコッティ・サヴォイアルディというお菓子を使ってありましたが
初めて日本でティラミスを食べた時のイメージが先行してしまうせいか
個人的にはスポンジで作った方が好きでした。



f0193307_19331768.jpg

今回余った材料の我が家での消費予定

白ワイン →飲みます。(料理でも使用)
ブランデー→飲みます。(料理でも使用)
生クリーム→ネコに。 (ただの妄想)
ココア  →また何か作ります。
卵白   →ラップで包んで冷凍庫へ。
      料理に使います。

       
※ どうしても卵白を余らしたくない場合は
 スポンジ用の卵黄を1個、クリーム用にまわして
 全卵3個で作ってしまいましょう〜。



[PR]
by myartrish | 2008-11-05 20:27 | 作る

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧